出産レポ

コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話⑧二度目の入院

前回の話はこちら
コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話⑦検査の結果 https://wakonowa.com/bir6 https://wakonowa.com/bir1 ...
出産レポ漫画第1話はこちら
コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話①まさかのぎっくり腰 https://wakonowa.com/pre40 https://wakonowa.com/pre1 ...
妊娠レポ漫画第1話はこちら
コロナ禍での妊娠が超ハードだった話①妊娠判明(1)はじめまして。わこと申します。 2020年に出産しました。 コロナ禍ということもあり、不自由なことも多かった妊娠生活。 そ...

本編

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

入院することが決まり、産婦人科の入院病棟に移動することになりました。

この時点でも病名や状態について説明がなかったので、私は
「大したことはないけど、お腹の赤ちゃんに何かあったらいけないから、念の為に入院するんだ」
くらいに思っていました。

腎臓の炎症っていっても、膀胱炎みたいなものかな〜と楽観視していました。

 

産婦人科から迎えに来てくれたのは、切迫早産で入院していた時に、分娩室の見学に連れて行ってくれた(そして点滴がうまくいかなかった、笑)中川さんでした。
(コロナ禍での妊娠が超ハードだった話3032参照)

到着したのは、以前入院していた4人部屋のあるエリアではなく、産婦人科病棟の隅っこにある個室でした。

ベッドの周りはビニールカーテンで覆われ、窓は全開、大型の送風機がフルパワーで稼働していました。

漫画では空気清浄機と書きましたが、強い風を送っていたので、たぶん送風機だと思います。

 

数日前にPCR検査をして陰性だということは病院側も把握していましたが、それでも発熱の症状がある急な入院となると、ここまで対策しなければならないのかと驚きました。

病院で働く皆様には頭が下がります。

次の話はこちら
コロナ禍出産 母子共に命が危なかった話⑨急変 https://wakonowa.com/bir8 https://wakonowa.com/bir1 ...